商品情報にスキップ
1 2

根子マタギコーヒー

ルワンダ ムゴンブワCWS ファンキーナチュラル 深煎り

ルワンダ ムゴンブワCWS ファンキーナチュラル 深煎り

通常価格 ¥1,760 JPY
通常価格 セール価格 ¥1,760 JPY
セール 売り切れ
税込 配送料はチェックアウト時に計算されます。
サイズ
状態

みかんやカシスのような完熟したジューシーさと、サワークリームのようなすっきりとした酸味と甘みが独特な複雑さを感じさせます。一方で、全体的にはとてもバランスが良く、ファンキーナチュラルという独特な精製方法に目がいきがちですが、どちらかというと質の良いナチュラルといった印象です。水出しやアイスコーヒーなどにもおすすめです。

 

国:ルワンダ

標高:1580m

エリア:南部州フイエ、ムゴンブワ

品種:ブルボン

農園名:ムゴンブワ・ウォッシングステーション

生産処理:ナチュラル

生産者:周辺に暮らす205件の農家

 

千の丘のコーヒー

千の丘の国と呼ばれるルワンダは緑が多く、なだらかな丘陵が地平線の向こうまで続きます。この美しい丘の国ルワンダの1500-2000mの高原でコーヒー栽培が盛んに行われております。ムゴンブワ・セントラルウォッシングステーションは、ルワンダの代表的なコーヒー生産地である南部州フイエの標高1580mに位置します。コーヒーチェリーは、周辺に暮らす1000名以上の小規模生産農家の手で生産されウォッシングステーションに運ばれてきます。


ムゴンブワCWS

ムゴンブワ・ウォッシングステーションは、南部州フイエ、ムゴンブワに位置するウムガヌラ社が運営するウォッシングステーションの1つです。周辺に暮らす205件1145名の小規模生産農家からチェリーを調達しています。
 ルワンダは、長年コンゴやブルンジから難民を長年受け入れており、国内に6か所の難民キャンプ地を持ちます。ウォッシングステーションのあるムゴンブワも、こうした近隣諸国から逃れてきた多くの人々が暮らす難民キャンプ地を持つ地域という背景を持ちます。その為、このウォッシングステーションは、ムゴンブワ・キャンプに暮らす人々の雇用の受け皿にもなり、地域の人々に愛され、地域社会に密接に関わっています。

 ルワンダ南部州フイエは、コーヒーの生育に適した肥沃な土壌で、品質と量の面で優れたコーヒーを生産することでスペシャルティコーヒーの名産地として近年知れ渡っている土地でもあります。2018年に設立したウムガルナ社では、同国のスペシャルティコーヒーの生産を牽引するBuf Coffeeのサムエル氏と協力しながら、品質の向上や農家との関係構築のノウハウを実践しています。


ファンキーナチュラル

ファンキーナチュラルは、彼らが新たに取り組んでいる生産処理方法で、よりナチュラルのフレーバーを強調する為、チェリーでの発酵工程を加えたプロセスです。ウォッシングステーションに運び込まれたチェリーは、石や枝葉、未熟なチェリーなどが選別され、アフリカンベッドに運び込まれます。アフリカンベッドには黒いビニールシートが張られており、この黒いビニールシートにチェリーを包んで48時間発酵を促した後に通常のメッシュのアフリカンベッドで天日乾燥がされます。発酵工程後の乾燥においては、頻繁に攪拌を繰り返し、水分が均一になるように心がけています。こうして、より熟度が強調され個性的でファンキーな風味のコーヒーを目指しています。

詳細を表示する